フリーターという生き方に必要なこと

最近は、多くの方がフリーターとして働かれています。時間的に自由度が高いことや、一つの職場に縛れないことなど、良い点もないわけではないのですが、やはりほとんどのかたは定職につくことを希望されています。何より失業のリスクがなく、安定した賃金が得られることが魅力です。そのため、できるだけ若いうちにフリーターから正規雇用への転向をされるのが得策です。ではいざフリーたのーの方が、就職活動を始めるとなった時に、次のような準備が必要になります一つ目は、良い履歴書を書くことです。そんなこと?と思わるかもしれませんが、これはつまり自分の強みや適職を見つけることに他なりません。これまでの経験などを見直し、自分がこれまで経てきた人生のなかで、最も人にPRできることや、これだけは人に負けない、あるいは一番好きなことなどを見つけることです。いわゆる自分の棚卸しというやつです。これまで、手近で見つかる仕事に甘んじてきた方は、もしかすると、少しチャレンジが必要になるかもしれませんが、自分が今後の人生をかけてやっていきたいことをまずはさがしてみることです。そして、そのための履歴書を丁寧に書きましょう。履歴書はできれば手書きで丁寧に、職務経歴書には経験を細かく書き記しましょう。二つ目は、ハローワークや職業紹介などを利用することです。情報が多いのも良い点なのですが、このような機関には、アドバイザーがいるので、専門家からの適切なアドバイスを得ることができます。一つでは、自分自身のなかでやりたいことや得意を整理することをあげましたが、二つ目としては、他者からの意見をよく聞くということです。そして、もしかすると自分では気が付いていないような道が開けることもあります。三つ目は、資格や講座などを受けることです。もしかすると、これまであまりやりたいことが見つからなかったという方には、新たな道を求めることが一つの得策となることがあります。特に最近は、資格講座などが無料で受けられる制度などもあるので、専門機関で相談しているのも良いでしょう。最近人気の介護職に関しては時給が高い介護派遣会社での登録がおすすめです。正規社員として就職するのには、資格が必要なるところも多いですし、資格があることで雇用条件が良くなることもあります。資格手当などが支給される会社もあるので、最初に資格を取得しておくのも就職を有利にする方法です。このように、3つの方法をご紹介しましたが、まず大切なこととしては、心構えです。フリーターではなく、次は正社員として働くという気構えで挑むことが何よりも大切となります。ちなみに面接時、身なりはとてもだいじです。良いイメージを与えるためにも薄毛の人は育毛剤は使用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です