フリーターが就職をするための準備と方法

〈履歴書と職務経歴書を書く〉どんな会社に就職するにせよ、履歴書は必要ですね。これが結構時間がかかります。高校までは卒業した年を記入します。大学や社会人になった年と卒業した年、仕事の内容は職務経歴書に書きます。履歴書用のペンはパソコン、万年筆、ゲルインクのボールペンが適しています。できれば、黒い色がはっきりした方がきれいに見えます。仕事は見つかりましたか。人事担当者にアポイントをとり、面接の日にちを約束します。面接は職種によりスーツでなくても大丈夫な会社もあります。ジャケットに襟付きのシャツが基本です。フリーターがいきなり大手の企業ではないと思いますから、紺かグレーのジャケットに白いワイシャツかポロシャツで、靴は茶色より黒が無難です。セカンドバックを持ちます。なかったら書類袋のしっかりしたものに、手帳とペン、履歴書を忘れずに持ちます。〈面接の時に気をつけること〉挨拶はしっかりします。名前もはっきり名乗ってくだい。志望の動機は必ず聞かれます。フリーターが長かった場合の言い訳も考えて、答えに詰まらないようにします。ただし、うそはバレますから、なぜフリーター期間が長引いてしまったか、自分なりに真摯な姿勢でまっすぐに答えて下さい。バイトに夢中になっていて、ズルズル日にちが過ぎてしまいましたか?身体を壊して療養していたのなら、完治した事、仕事に支障が無いことを伝えて下さい。アポイントが取れた時点で、履歴書には目を通していますから、フリーターが長かった事は承知しています。それでも面接まで行ったのなら、これから就職する会社にどのような興味をもち、これからどのように働きたいのか、しっかりした気持ちを伝えます。安定した企業で、しっかりした仕事をしたいと伝わるように真面目にまっすぐに相手に伝えます。面接官が軽いジョークを言うのは、笑顔を見たいからです。声を出して笑わない。明るい笑顔を作る練習もして置いて下さい。明るいイメージは何より大切です。〈まとめ〉面接は出来ればスーツ着用です。就職してからスーツが必要な会社なら絶対にスーツは外せません。しかし、職業柄、スーツの必要がない会社で、スーツが無くても、きちんとしたジャケットとスラックスでも大丈夫です。襟付きのシャツは絶対です。できるだけ、人柄が伝わるように表情を豊かに練習します。最期に、必ず面接をして頂いたことに感謝の気持ちと言葉を伝えて、お願いしますと一礼します。健闘をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です