バイトをしながら正社員になる方法

面接や説明会への参加が増えるため、現在アルバイトをフルにしている場合そのバイトを辞めてしまおうと考える人もいるでしょう。しかし、すぐに就職が決まれらなかった場合、無収入期間が長引いてしまい苦しい生活を強いられる可能性があります。また、就職活動のための交通費や、就職先が遠方で引越しをしなければいけなくなった場合など何かとお金は入用です。そこで、就職活動の邪魔にならない程度のアルバイトを検討してみてはいかがでしょうか。おすすめのアルバイト方法をお教えします。時間をずらす・時短勤務日中就職活動できるように、アルバイトの時間をずらしたり、時短勤務を選ぶという方法があります。例えば、新聞配達なら朝早い時間に短い時間で、あるいは夕方からの居酒屋勤務なら日中に就職稼働をしていてもアルバイトをすることができます。新聞配達にしろ居酒屋にしろほぼ毎日のように仕事はあるので、時短であったとしてもある程度一定の収入を確保できるところが強みです。ただ、生活のリズムを崩しやすく、体力的にタフさが求められるという欠点もあります。日雇い派遣派遣会社に登録し、日雇いで都合の良い日だけ仕事をするという方法があります。これなら、就職活動の日を完全に外して仕事ができますし、急にお金が必要になった時でもすぐ仕事を斡旋してもらえるという長所があります。そのかわり、日雇い派遣の労働規約は色々と条件があり、その条件を満たした人でないと働くことが出来ません。収入が安定しないというデメリットもあります。シフト自由のバイトシフトを自由に組めるバイトなら、お金も一定の収入を得られますし、就職活動のさまたげにもなりません。上手くいけば、バイトと就活を両立させるにはこれ以上ない条件が揃います。欠点がないようにも思えますが、そんな条件が揃うことはめったにありません。バイト同士で休みたい日が被ってしまうということはしょっちゅうなので、調整の結果希望のシフトに入れないこともしばしば。こうしたバイトは、働いてみないと本当に自由シフトかわからないというイチかバチかのところがあります。希望する業界でアルバイト就職先として考えている企業、又はその業界でアルバイトするという手もあります。例えアルバイトだとしても、その業界や企業の知識を持っているということは大きなアピールポイントになります。製造業の企業への就職を希望しているなら、工場のバイトに応募し知識と経験とお金を手に入れるのも一つの作戦です。もっとも、一つの企業や業界に絞ってしまうことで、就職への視野が狭まってしまう恐れもあります。このように、それぞれの方法は一長一短があるので、自分に適したアルバイトを選ぶことが大切です。就職活動のためにお金を稼いでおくことも、立派な就職の準備ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です