就職氷河期を経験した人に就職体験談

就職氷河期が長く続いた90年代から2013年頃迄と比べて、昨今では空前の売り手市場が続いています。大学生の就職活動も順調で就職内定率も非常に高い事、又、30代のみならず40代・50代の転職活動も盛んに行われているニュースを見聞きします。就職氷河期に苦労した経験を持った方ならば現在の状況がいかに贅沢であるか羨ましく思う人も多いのでは無いでしょうか。就職・転職活動が活況な理由、それは人手不足にあります。人手が足りないのであれば、企業はフリーターに目を向けるべき。そう思う所ですが、一般的にはフリーターとして捉えられている人達に共通するキーワードが、「職歴が無い事」。仕事には就いていない為、必要なスキルや経験・責任感を持っていないと思われています。フリーターが定職に就く為に出来る準備を検討したいと思います。社会からフリーターと見なされている人達さえ、何もしないで生活は出来ません。定職に就かないだけで仕事はしています。定職に就いている正社員と比べて違うとしたら、異なる企業で同一の職種を短期間繰り返しているケースが多く職歴としては見られない。又、複数の企業で複数の職種に就いているケースもあります。社会からフリーターとして捉えられても、当事者自身としてはフリーター期間の職務経歴を列挙してみる事から始めるべきです。自分では自分の事を良く分かっていると思いがちですが、以外と気付かない仕事選びの共通点や得意・不得意が見えてくるかもしれません。共通点探しは過去の自分の職歴や希望の職歴を探す有効な自分探しです。職種の共通点があるという事は希望の職業があるのでしょう。必要な資格を取得する準備や情報収集に時間を充てるべきだと思います。又、職種の共通点が無く、職種選びに迷っていると思っているとしたら、複数の業務に興味を持っている事と考えられると思います。幾つもの職場や職種を渡り歩いたフリーターの強みは、初めての経験や人間関係にも動じない前向きな姿勢にあるとアピール出来ます。余り卑屈にならず、前向きに検討し、再度、職種の共通点を探してみて下さい。フリーターが年齢を重ねて、希望通りの職種に正社員で採用されるのは非常に困難です。まずは、正社員へのプロセスを考えてみはどうでしょうか。例えば、派遣社員や契約社員での採用を目指し、後に正社員に登用される事。若しくはその職種で職歴を積み別の企業へアプローチを掛ける事が挙げられます。道のりは険しいと思いますが、フリーターとして、多くの企業で様々な職種や現場での人との交流をしてきた経験からコミュニケーション能力が高い事、どんな現場や仕事内容にも動じない精神を養ってきた事。自分を見失わず、頑張った自分を忘れないで下さい。

バイトをしながら正社員になる方法

面接や説明会への参加が増えるため、現在アルバイトをフルにしている場合そのバイトを辞めてしまおうと考える人もいるでしょう。しかし、すぐに就職が決まれらなかった場合、無収入期間が長引いてしまい苦しい生活を強いられる可能性があります。また、就職活動のための交通費や、就職先が遠方で引越しをしなければいけなくなった場合など何かとお金は入用です。そこで、就職活動の邪魔にならない程度のアルバイトを検討してみてはいかがでしょうか。おすすめのアルバイト方法をお教えします。時間をずらす・時短勤務日中就職活動できるように、アルバイトの時間をずらしたり、時短勤務を選ぶという方法があります。例えば、新聞配達なら朝早い時間に短い時間で、あるいは夕方からの居酒屋勤務なら日中に就職稼働をしていてもアルバイトをすることができます。新聞配達にしろ居酒屋にしろほぼ毎日のように仕事はあるので、時短であったとしてもある程度一定の収入を確保できるところが強みです。ただ、生活のリズムを崩しやすく、体力的にタフさが求められるという欠点もあります。日雇い派遣派遣会社に登録し、日雇いで都合の良い日だけ仕事をするという方法があります。これなら、就職活動の日を完全に外して仕事ができますし、急にお金が必要になった時でもすぐ仕事を斡旋してもらえるという長所があります。そのかわり、日雇い派遣の労働規約は色々と条件があり、その条件を満たした人でないと働くことが出来ません。収入が安定しないというデメリットもあります。シフト自由のバイトシフトを自由に組めるバイトなら、お金も一定の収入を得られますし、就職活動のさまたげにもなりません。上手くいけば、バイトと就活を両立させるにはこれ以上ない条件が揃います。欠点がないようにも思えますが、そんな条件が揃うことはめったにありません。バイト同士で休みたい日が被ってしまうということはしょっちゅうなので、調整の結果希望のシフトに入れないこともしばしば。こうしたバイトは、働いてみないと本当に自由シフトかわからないというイチかバチかのところがあります。希望する業界でアルバイト就職先として考えている企業、又はその業界でアルバイトするという手もあります。例えアルバイトだとしても、その業界や企業の知識を持っているということは大きなアピールポイントになります。製造業の企業への就職を希望しているなら、工場のバイトに応募し知識と経験とお金を手に入れるのも一つの作戦です。もっとも、一つの企業や業界に絞ってしまうことで、就職への視野が狭まってしまう恐れもあります。このように、それぞれの方法は一長一短があるので、自分に適したアルバイトを選ぶことが大切です。就職活動のためにお金を稼いでおくことも、立派な就職の準備ですよ。

転職サイトはフリーターこそ使うべき理由

気軽なフリーター暮らしもいいけど、そろそろ家族のためにも、自分の成長のためにも就職したい。そう決意したものの、初めての就職活動でまず何をしていいかわからない、そんな壁にいきなりぶち当たっていませんか?フリーターから就職するための準備、具体的に何をすればいいのかをまとめてみました。ハローワークに行こう最初にすることは、やはりハローワークに行き、ハローワークカードを発行してもらうこと。本人証明書類を持ち、必要事項を書類に記入すれば、その場ですぐにハローワークカードは発行してもらえます。ハローワークから求人に応募したり、各種サービスを受けるにはこのハローワークカードが必須になります。なので、まずは最寄りのハローワークを調べてから、カードを作りに行きましょう。ハローワークで求職相談「ハローワークって失業したオジサンばかりいそうだし、ブラック企業も多そう」そんなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、ハローワークをバカにしてはいけません。なぜなら、そこには専任の職員がいてキャリアの相談に無料で乗ってくれるのです。フリーターの場合、客観的な視点から就職についてのアドバイスを受けられる環境が整っていません。ハローワークの相談窓口は、就職についてのアドバイスを受ける貴重な場所です。費用は無料なのですから、せっかくなので就職に関する相談を受けてみましょう。これからどのように行動すべきか、どういうところが狙い目なのか、相談窓口から得られる情報は沢山ありますよ。ハローワークの求人に応募せず、相談窓口の利用だけでも可能なので、とりあえず一度は相談をしてみることをおすすめします。転職サイトに登録求職はハローワークだけに頼らず、インターネットで転職サイトに登録して求人を探してみましょう。アルバイトやフリーターなのに転職サイト?と思う方もいるかも知れませんが、転職サイトには未経験者やフリーターからの応募の歓迎の求人もあります。また、沢山の求人が登録されているので、眺めているだけでも視野が広くなります。現在はフリーターや第二新卒専門の求人サイトもあるので、そちらの方なら経歴がハンデになりません。もっとも、そういうサイトの場合は求人数が少なめなので、最初は一般的なサイトと専門のサイト両方に登録してみることをおすすめします。写真を撮ろう第一印象は非常に重要なので、スーツをバシッと決めた就活用写真を撮影しましょう。街角にあるスピード写真機でも構いませんが、できることなら写真屋さんにとってもらうことをおすすめします。少しお値段は張りますが、プロの手で取ってもらった方が明るく印象の良い写真に仕上がりますよ。加えて、写真屋さんで一度撮影してしまえば、焼き増し用のデータも貰えるのですぐに写真が用意できるようになり便利です。

フリーターが就職をするための準備と方法

〈履歴書と職務経歴書を書く〉どんな会社に就職するにせよ、履歴書は必要ですね。これが結構時間がかかります。高校までは卒業した年を記入します。大学や社会人になった年と卒業した年、仕事の内容は職務経歴書に書きます。履歴書用のペンはパソコン、万年筆、ゲルインクのボールペンが適しています。できれば、黒い色がはっきりした方がきれいに見えます。仕事は見つかりましたか。人事担当者にアポイントをとり、面接の日にちを約束します。面接は職種によりスーツでなくても大丈夫な会社もあります。ジャケットに襟付きのシャツが基本です。フリーターがいきなり大手の企業ではないと思いますから、紺かグレーのジャケットに白いワイシャツかポロシャツで、靴は茶色より黒が無難です。セカンドバックを持ちます。なかったら書類袋のしっかりしたものに、手帳とペン、履歴書を忘れずに持ちます。〈面接の時に気をつけること〉挨拶はしっかりします。名前もはっきり名乗ってくだい。志望の動機は必ず聞かれます。フリーターが長かった場合の言い訳も考えて、答えに詰まらないようにします。ただし、うそはバレますから、なぜフリーター期間が長引いてしまったか、自分なりに真摯な姿勢でまっすぐに答えて下さい。バイトに夢中になっていて、ズルズル日にちが過ぎてしまいましたか?身体を壊して療養していたのなら、完治した事、仕事に支障が無いことを伝えて下さい。アポイントが取れた時点で、履歴書には目を通していますから、フリーターが長かった事は承知しています。それでも面接まで行ったのなら、これから就職する会社にどのような興味をもち、これからどのように働きたいのか、しっかりした気持ちを伝えます。安定した企業で、しっかりした仕事をしたいと伝わるように真面目にまっすぐに相手に伝えます。面接官が軽いジョークを言うのは、笑顔を見たいからです。声を出して笑わない。明るい笑顔を作る練習もして置いて下さい。明るいイメージは何より大切です。〈まとめ〉面接は出来ればスーツ着用です。就職してからスーツが必要な会社なら絶対にスーツは外せません。しかし、職業柄、スーツの必要がない会社で、スーツが無くても、きちんとしたジャケットとスラックスでも大丈夫です。襟付きのシャツは絶対です。できるだけ、人柄が伝わるように表情を豊かに練習します。最期に、必ず面接をして頂いたことに感謝の気持ちと言葉を伝えて、お願いしますと一礼します。健闘をお祈りします。

フリーターという生き方に必要なこと

最近は、多くの方がフリーターとして働かれています。時間的に自由度が高いことや、一つの職場に縛れないことなど、良い点もないわけではないのですが、やはりほとんどのかたは定職につくことを希望されています。何より失業のリスクがなく、安定した賃金が得られることが魅力です。そのため、できるだけ若いうちにフリーターから正規雇用への転向をされるのが得策です。ではいざフリーたのーの方が、就職活動を始めるとなった時に、次のような準備が必要になります一つ目は、良い履歴書を書くことです。そんなこと?と思わるかもしれませんが、これはつまり自分の強みや適職を見つけることに他なりません。これまでの経験などを見直し、自分がこれまで経てきた人生のなかで、最も人にPRできることや、これだけは人に負けない、あるいは一番好きなことなどを見つけることです。いわゆる自分の棚卸しというやつです。これまで、手近で見つかる仕事に甘んじてきた方は、もしかすると、少しチャレンジが必要になるかもしれませんが、自分が今後の人生をかけてやっていきたいことをまずはさがしてみることです。そして、そのための履歴書を丁寧に書きましょう。履歴書はできれば手書きで丁寧に、職務経歴書には経験を細かく書き記しましょう。二つ目は、ハローワークや職業紹介などを利用することです。情報が多いのも良い点なのですが、このような機関には、アドバイザーがいるので、専門家からの適切なアドバイスを得ることができます。一つでは、自分自身のなかでやりたいことや得意を整理することをあげましたが、二つ目としては、他者からの意見をよく聞くということです。そして、もしかすると自分では気が付いていないような道が開けることもあります。三つ目は、資格や講座などを受けることです。もしかすると、これまであまりやりたいことが見つからなかったという方には、新たな道を求めることが一つの得策となることがあります。特に最近は、資格講座などが無料で受けられる制度などもあるので、専門機関で相談しているのも良いでしょう。最近人気の介護職に関しては時給が高い介護派遣会社での登録がおすすめです。正規社員として就職するのには、資格が必要なるところも多いですし、資格があることで雇用条件が良くなることもあります。資格手当などが支給される会社もあるので、最初に資格を取得しておくのも就職を有利にする方法です。このように、3つの方法をご紹介しましたが、まず大切なこととしては、心構えです。フリーターではなく、次は正社員として働くという気構えで挑むことが何よりも大切となります。ちなみに面接時、身なりはとてもだいじです。良いイメージを与えるためにも薄毛の人は育毛剤は使用するようにしましょう。